1314alpensijoukai昨日はスキー仲間と二人で、ハチ北で行われている「アルペン」「スポーツデポ」のスキー試乗会に行ってきました。
現地は積雪のあとで、滑り始めた頃は、雪の積もった木々の白と抜けるような青空の素晴らしい景色が見られましたが、すぐに雪が舞い始め、結局1日中降ったり止んだりでした。
気温も低く、信州以上に寒さを感じました。

試乗会の方は、フォルクルの板や、HEADの競技用が用意されていなくて、頭で描いていた試乗の計画が全く狂ってしまったのですが、気を取り直して試乗しました。

試乗したのは次の通り
①フィッシャー 「RC4 SUPERIOR PRO RACETRACK」165㎝   名器S400を思い出す乗り心地?エッジが立っていないときには左右にずらしやすく、滑走面がかまぼこ型(コンベックス)になっているのではと感じてしまう。個人的にはピンとこない板。

②ディナスターCR DEMO 70 FLUID X 172㎝ 最近宮下さんの滑りが気になっているので履いてみた。なんかよく覚えていません。

③HEAD iSupershape Speed 170㎝ 本当はWC GSを試乗したかったのですがなかったので・・・ 好きだ(と思い込んでいた)Supershape Speedですが、ここに来て私からはかすんできました。何回も履いている板ですが、急な硬いバーンではたたかれるし、小回りで外足を伸ばせないし(全く個人的な問題です)、今回の状況でもいまいちぱっとしません。これ以外にもTitanも履いてみましたが、欲しいとは思いません。

④ノルディカ DOBERMANN SPITFIRE EDT 168㎝ トップが切られたように直線的になった、独特の形をした板です。宮下さんが以前履いていたメーカーなので履いてみただけで特に期待はありませんでした。ところが・・・、なかなかいいのです。安心して足を外に出せ、安定感もあります。ただ、気をつけないと外スキートップの角っこのエッジが雪に噛み、内に入って内スキーと接触します。私はスキーが交差して転倒しました。

⑤小賀坂 TC-MZ+RC600FL 167㎝ 今履いているのはKEO`S AX。一番安全な選択でしょう。板を買うことに決めて、機種に迷ったら小賀坂かな。そんな意識です。とても扱いやすい、違和感のない板ですがもう少しだけ長いのがいいかな?これを履くと丸山貴雄のような滑りができそうな錯覚に陥ります。
 
最後は
⑥ハート C9.28ST VFS 165㎝ 先日から、岡田利修さんや湯浅さんを見る機会がありましたの一度ハートを履いてみようと思っていました。小回り用にはあまり興味はないのですが、これしかなかったので履いてみました。 今回履いた中ではフィッシャーに似ているかな?中~大回り系を履いてみたかったなぁ。

試乗をして、久しぶりの試乗会だったので、同じスキーなのにメーカーによって考え方が違い、ずいぶん乗り味も違うことを再確認しました。 それと、スノースポーツが低迷し、店を閉めるショップが多い中、このように頑張っているスキーショップが本当にありがたいと感じました。このアルペンも店数が大きく減り、時々あの独特の尖った屋根が全く別の店になっているのを見るにつけ寂しい思いをしていましたが、アルペンもヒマラヤもタナベスポーツもみんな頑張って欲しいと思います。